合成樹脂類

塗料に用いられる合成樹脂類は大きく分類すると熱を加えると軟化する性質のある熱可塑性樹脂と,熱を加えると硬化していく熱硬化性樹脂に分けることができる。熱可塑性樹脂の代表としては,塩化ビニル樹脂のごとくビニル樹脂で代表されるように,一般に塗料中の溶剤が蒸発することで、乾燥するものであり,熱硬化性樹脂の代表はエポキシ樹脂で示されるごとく反応硬化とか焼付け硬化などの化学反応を伴い乾燥硬化をする塗料である。