外壁塗装の成分はどんなものなのか

外壁塗装は樹帽、硬化剤、顔料、添加剤、溶剤等が混合している素材です。この中で、溶剤は塗装時に蒸発して放散し、塗膜成分にはなりません。色をつける目的の着色顔料を含むものをエナメル塗料、これを含まないものをクリヤ(透明)塗料と言います。また、樹脂、硬化剤、溶剤は系の媒体という意味でビヒクル(展色料)と呼ばれています。

樹脂と硬化剤の選択は塗料の性能を左右する最も大きな要因と考えて良いでしょう。樹脂は用途に応じてさまざまな種類が選択されます。例えば、金属の下塗り用には付着力のあるエポキシ樹脂が用いられ、太陽光の照射に強く透明感のある上塗りにはアクリル樹脂が用いられる事が多いはずです。また、塩化ゴム塗料のように溶剤に樹指を溶解させて、溶剤の蒸発のみによって塗膜になる外壁塗装や、油変性アルキド樹脂塗料のように空気中の酸素で硬化する外壁塗装、アルキド・メラミン樹脂塗料のように主剤と硬化剤が焼付けにより硬化する外壁塗装など、乾燥・硬化の形態もさまざまです。

顔料には色をつける目的の着色顔料、錆の発生を抑制する錆止め顔料、充填剤として用いる体質顔料などがあります。顔料の選択は色昧や色の耐久性のほか、塗膜の硬さや伸びといった性能に大きく影響するため大変重要です。

溶剤は塗料が均一で滑らかな塗膜になるよう流動性を良くし、泡を失くす手助けをし、乾燥速度を調整する働きをします。溶剤は樹脂や硬化剤を溶解して均一な溶液にすると共に、顔料表面を濡らし顔料の分散を助ける働きもあります。

添加剤は塗料に少量加えられることによって、外壁塗装の表面張力や粘度を変えたり、いろいろな特定の機能を発揮する材料です。顔料分散剤、表面調整剤、たれ防止剤、消泡剤、はじき防止剤、紫外線吸収剤、防かび剤などさまざまな添加剤が選択されて用いられています。